屋根のリーフォーム・修理・修繕で失敗しない

屋根のリフォーム、修理 リフォーム

屋根のリフォーム(修理・修繕)で家を健康にする

温暖化の影響か日本では、これまで想像しないような豪雨による被害が出るようになってきました。豪雨の影響で思わぬ雨漏りに見舞われる例も出てきました。

これまでは梅雨や、台風の季節に気になる程度でしたが、これからはしっかり屋根をケアしてあげる必要があります。屋根は、雨や風、日光から家を守る大切な構造物です。たとえ室内や、建物をしっかりケアしていても屋根がヤワだと意味が無いですよね。

特に日本は、四季があって季節の温度差がかなりあります。夏は紫外線で熱に焼かれ、雨も多く、台風や、雪が積もることさえあります。

屋根にしてみると非常に過酷な環境を耐え抜かねばなりません。その意味でケアは必須なのです。そんな屋根のリフォームや修理、保全、修繕については、室内のリフォームとは違ってきます。

人間に変えて表現すると装飾性や快適性など化粧としての問題ではなく、建物本体のメンテナンス!健康に関するものなんです。家を健康に維持するための医療行為、予防接種のようなイメージです。

屋根のリフォーム = ×化粧(装飾性) → 〇健康(メンテナンス)

屋根の健康にもっと目を向けて欲しいのです。

 

雨漏りなど、自覚できるほど悪くなってから行うよりは、そうなる前に予防することで建物の寿命を延ばすことが可能です。結果としてお財布にも安くなります。

もちろん!何か雨漏りなどの自覚症状が出たならスグに対応が必要です。

このように屋根は大切なだけに失敗は避けたいものです。安ければ良いというものでもなく、高額なのも避けたい。適正な内容を適正な金額で行うべきですよね。

 

では、どうすれば屋根のリフォームで「質」と、「費用」の両面から満足できるのでしょうか!

それは相見積もり!業者を使い倒すべきです。一社に専属に任せるなんてことはやめましょう。技術的、費用的に納得して依頼しなければなりません。

 

今すぐ、相見積もりを取りたいなら下のリンクを!その前に、まずは屋根の材料を知るところから始めたいなら、もう少し読み進めてください

屋根のリフォーム!相見積もり!色々な業者に相談してみる

 

ご注意!屋根のリフォーム

屋根の形状

屋根と一口に言っても色々な屋根があります。

形的に大きく分けると、よく見かける三角のフォルムと、ビルなどの屋上の平らな屋根があります。

まずは一般的な民家で使われている屋根の材質を説明しましょう。

チェック >> 屋根のリフォームは、使われる材料の種類や質によってメンテナンス(補修、修繕)が変わってきます。

屋根に使われる材料の種類は、大きく分けると「スレート系」、「粘土系」、「金属系」があります。あとコンクリート系などもあります。これら材質によってフォームの時期や、メンテナンスの方法が違ってきます。

Ⓐ スレート系・屋根材 カラーベスト、コロニアル
Ⓑ 粘土系・屋根材 日本瓦、和瓦
Ⓒ 金属系・屋根材 トタン、ガルバニウム鋼板、ステンレス、銅

 

 

Ⓐ スレートといえば = カラーベスト

屋根に多用されている材料で最も多いのは、カラーベストと言われる材料です。これはスレート系の屋根材料の代名詞といえるものです。

ちなみにカラーベストとは、平型化・粧スレート材と言われるモノでセメント、けい砂を原料として繊維で補強した材料。

高密度で均一な結晶構造もっていて薄くて軽量、含水率が少なくため、伸縮率も低い不燃材料です。色々な色が選択でき、価格的にも安く、工事が簡単なため屋根の定番材料として普及しています。

このようにスレート屋根は材料として理想的なのですが…デメリットもあります。それは、ある程度のスパンで手入れをしてやらねばならない!ということ。定期的なメンテナンスが必要です

屋根の状態を良好に維持するためのタイミングは、15年前後と言われています。これを目安に屋根の健康診断!表面の汚れを落としたり、再塗装したりします。その折に破損などが見つかればその部分を補修すれば良いのではないでしょうか。

大きな痛みがない場合ならココから更に+7~ 8年は十分持ちます。ただ、痛みのある部分が多い場合は吹き替えを検討した方が良い場合もあります。

多くの場合、吹き替えの目安は25年~30年前後。屋根の健康診断を行い、検討してみてはいかがでしょうか。家の寿命もさらに延びます

屋根のリフォーム スレート瓦

 

・耐久性:屋根の材料として強度はそこそこ。
・耐震性:通常の瓦の半分以下と軽量。建物への負担が少なく重心が低くなるため耐震性が向上
・耐候性:日本の過酷な自然に強い。夏の直射日光や、風雨に強い
・施工性:施工方法が簡単なため、工期が短く、費用面でお財布に優しい(笑)
・デメリット:定期的なメンテナンスが必要です

 

Ⓑ 日本瓦は、メンテナンスフリーで寿命が長い

粘度系の代表は、伝統的な日本瓦です。

日本瓦は、陶器のような艶が特徴で耐久性に優れ、塗り替えする必要がなく半永久的に持ちます。まさにメンテナンスフリー、ほったらかしでOK!の屋根材と言えるでしょう。

ただし、日本瓦には欠点もあります。

何より、重くて地震、揺れに弱く屋根が重くなるため、建物にダメージを与える可能性があります。ただし重量があるため、風に飛ばされにくく、台風等に強い特徴があります。

日本瓦のリフォームは、割れたりした場合の取り換えになり。通常は大きな工事にはなりません。もちろん塗り替えなどもありません。

和瓦のリフォーム

 

・耐久性:強度が高く耐久性に優れている。日本の風土に合っていて50年~100年持つことも!
・耐震性:重量があるため、建物への負担が多く、耐震性は悪い
・耐候性:日本の過酷な自然に強い。夏の直射日光や、風雨に強い。
・施工性:職人が必要で簡単ではない。
・デメリット:地震など揺れに弱く、職人が少ない

 

Ⓒ 金属系瓦は、軽さと手軽さが特徴

金属系の瓦は色々なものがあります。

年々改良が進み、金属でありながら断熱効果の高い製品さえあります。その軽さゆえ揺れに強いため、阪神大淡路大震災以降、人気を博しています。

ということでその特徴は重量。日本瓦の1/4~1/8と超の付くほど軽いため、建物対する負担が少なく済み、地震などの揺れに強い屋根材といえるのです。

さらに施工方法も簡単で、よくみかけるカラーベストや、トタン屋根などの補修では、撤去することなく、その上に重ねて施工できます。その軽さと扱いやすさのお陰です。

このように手軽と言うことで費用や工期の面でもメリットが多くあります。

その昔、金属屋根と言えば「トタン」と言われる鋼板に亜鉛メッキした屋根材でした。このトタン屋根の最大のメリットは、パネルなので雨漏りしにくいという点。軽量で非常に安価であるため普及したのですが・・・

サビが発生しやすく、断熱性能が全くないため、室内の温度も上がりやすく、夏場は暑く、冬は寒いという難点がありました。そのため最近では、トタンを使用した住宅は珍しくなっています。

現在、多いのはガルバリウム鋼板といわれるものでアルミニウムを55%程含んだ屋根材です。アルミニウムの特徴である軽さ、耐食性、耐熱性、熱反射性と屋根材としての性能が満たされた屋根です。

薄い金属板であることから加工性もよく、色々な形に加工出来たり、あらゆる用途に使用されています。

金属製の屋根のリフォーム

 

・耐久性:強度が高く、耐久性、耐熱性、耐食性に加え熱反射性も高く屋根材としてはベスト
・耐震性:以上に軽く和瓦に1/4~1/8と建物への負担がなく耐震性は非常に良い。
・耐候性:日本の過酷な自然に強い。地震はもとろん夏の直射日光や、風雨にも強い。
・施工性:ある程度の経験が必要。施工は簡単ではない。
・デメリット:施工のむつかしさ

 

もちろん、これ以外に派生した屋根材が多くありますが、選び方として大切なのは、屋根そのものよりも、家としての耐久性から入るべきです。その結果、この屋根!と言った選び方を推薦します。

屋根の重量は、家の土台や柱に直接かかってしまうため、屋根のリフォームに合わせて家としての構造上に問題がないか一緒に調べておきたいものです。

 

・・・私はリフォームのプロです!

ご挨拶が遅くなりまた。

私は長年、ある有名な外食チェーンの店舗開発部という店舗の出店や既存店の改修、リフォームに携わる部署でリフォームの実務をしてまいりました。

リフォームのプロ

店舗を、いつもキレイに保つには外装、内装、キッチンはもちろん、屋根も大切です!雨漏りなんて洒落にもなりませんんで!

店舗のリフォームは、就航から期間を定めて定期的に行わうよう計画されています。

限られた予算と、スケジュールを厳守してリフォームを行い、建物の見た目や機能性を保つことに苦心してまいりました。その意味でリフォームプロと申しても過言ではないと思っています。

その私でも思い起こすせば今でも後悔するリフォームがあったり、見えない部分だけど自慢できるリフォームがあったりもします。

言えることは、価格と質を満足させるリフォームはプロでも難しいということです。

屋根のリフォームで注意したいこと

屋根のリフォームは、特に注意して欲しいことがあります。

屋根は目立ちませんが家全体に影響する大変重要なリフォームになります。せっかくリフォームするのですから、その後数10年以上にわたって風雨や、太陽などのダメージから家を護ってもらわねばならないからです。

慎重に検討されるとは思いますが、ご注意を頂きたいのは、くれぐれも業者の甘い言葉に乗っかってしまわないこと、また過度に価格だけにコダワリすぎないようお心掛けください

 

はっきり申し上げますが・・・

安さだけ、予算を優先した交渉は、ほどほどが大切!ということ

値引きを要求しすぎると見積の金額に合わせるため、材料の質を落としたり、工程を単純化したりして調整される危険性があります。

安くすればどこかにひずみが出るものです。屋根は家にとって大切な部分だけにご注意してください。業者も商売なので、利益度外視なんてことは絶対にありえません

大幅な割引を得て、心情的に満足できたとしても、見えない部分で手抜きや、低いレベルの材料を使われていたら、どうなんでしょう・・・

 大幅な値引きを勝ち取ったけど・・・

  • 屋根に使う各種材量の質を落とされたり
  • 工期を短縮して適当な工事になっていたり
  • 大切な防水処理の材料を低く、施工も適当であったら・・・

見えない部分で原価を調整して安く辻褄を合わせるなど簡単!上手く値切ったつもりで・・・実は割高なんてことが起こ得るのです。これは素人には分かりません。

何か事があって初めて分かるもの・・・なんです

 

リフォームの困りごと

しっかり理解して欲しいことがあります!リフォームって価格相応にしか出来上がりません。

格安とか、激安など実はありえない!オカシイのです。

今なら「最高ランクの材料をいっぱい使って経験豊かな職人が最高の技術で対応します!」「しかも、あなただけに激安!格安!でご提供します!」・・・

これって手品や、マジック、魔法のレベル。起こりえないのです。安いのには、安くできるだけの理由が必ずあります。

「利益度外視です!!・・・」などと・・・

友人でも親戚でも、恋人でもない?!のに自分たちの利益を削ってまで提供してくれる訳がない・・・そう思いませんか?

 

  • 今回だけ!
  • 利益度外視で
  • 創業祭です
  • 先着〇〇名だけに
  • モニターに当選しました・・・だから契約して!

これら全部ある訳がありません!!受注の口実です!・・・

リフォームは、定価などありません。割引分を価格に上乗せしておけば良いだけ・・!

低レベルの材料を使ったり、工程を省力すれば安くできます。

見えない部分で適当な工事や、安価な材料を使われることだけは避けたいものです・・・もうお分かりですね!

相場を下回るような価格は出るはずがありません!激安で契約したは自慢にはならないということ!リフォームで大切にしたいのは!

大切なのは、信頼関係で価格ではありません!激安を求め過ぎれば素人が分からないところでしっぺ返しも!

では言いなりに契約しろと?!高いことを歓迎しろと・・・違います。

もちろん値切るところは値切りましょう!むしろ値切られる前提の見積もりでさえあります。そこで、リフォーム業界について知っておいて欲しいことがあります。

 

リフォーム業界は、クレーム業界でもあります

これを言ったら・・・怒られる?

塗装や外壁のリフォーム会社は、施工とは言いっても建築業の「免許」は不要。あなたも明日から参入できるのです。だから様々な業者が入り乱れているのが現状なんです。

ちょっと大きなスーパーや、ホームセンターでもリフォームコーナーは今や鉄板です。その他、家電量販店や、住宅メーカー、もちろん地域の工務店、建設会社、リフォーム店、不動産業者などでもリフォームに進出しています。

 

なぜなら!原価を調整すれば儲けを出しやすい!

屋根のリフォームで気を付けること屋根にかかわらずリフォームに慣れてる人なんてそうはいません。一般の人はまったく分からない分野です。つまり、誤魔化しても分からない・・・

もちろん正直・真面目で適正に行っておられる業者も多数おられます。何度も申し上げますがリフォーム業界は、苦情やトラブルが多い業界であることを知っておいてください。

リフォーム業界は、クレーム業界といわれるほど、クレームが多い業界です。

 

リフォームの問題点

 

リフォーム費用は、現場によって違って当たり前です。そのため「今なら30万円でOKとか!」価格からアピールできるものでは無いはずですよね。

何より、屋根のリフォームは、経験の豊富さ、技術力がモノを言います。現場を見る目がなければ良いリフォームはできません。

 

大手業者に頼めば間違いない・・・?

大手に任せれば安心じゃないかと考えませんか?もちろん信用力は、ありますし、安心できそうです。ただし、知名度があるから、テレビCMで親しみがあるから、というのは違います。

毎日のよう流れるテレビコマーシャル!しかも豪華なパンフレット。
数多くの従業員と、大量のCM=大きな経費・・・

それが原価に上乗せされます。原価は回収が必要・・・ということは安くなる訳がありません。

大手に施工してもらったという「 自慢+安心料 」だと納得できるなら良いのかもしれません。ただ本当にそうでしょうか?

大手さんに依頼すると分かりますが、えっ?この工事が何故こんなに高いの?・・・すごく驚くことがあります!2倍~3倍などあたりたり前の世界です

 

リフォームは大手だけではない

2倍、3倍払ってでも・・・大手に依頼したいと言われるなら反対はしません。

実は、大手であればあるほど、受注後の作業は下請け(外注)に回すものです。

受注と施工は別・・・ということは階層が増えるだけ。それは外注費。そこに、宣伝広告費(CM等)が加わり、本社費用がかかる。

大手も出来る限り利益を上げるため、下請けを値切ります。

結局、手数料が増えるだけ、ただし、高額ではあるけど施工はしっかりしていることが多いです。大手も相談するのは無料です!試しに当たってみても良いかもしれませんね。

屋根の修理

 

 

不安のない屋根リフォームのために、業者をどう選ぶ?

価格だけで選んではダメ!

大手にも頼らない!それでも、良い業者に巡り合える方法があります

相見積もりを取りましょう!

そこで、「不特定多数!しがらみのない方法で多くの業者に見積もりを依頼できる方法」があります!しかも無料!優良なリフォーム業者が集まったサイトを利用するのです。色々な業者に無料で見積もりを依頼でき、多くの提案から比較する!

▼オススメの相見積もりサイト

※相見積もり? = いくつかの業者から見積もりを取って比較すること!

屋根のリフォームは相見積もりなら、失敗しない

相見積もりを上手く利用すれば理想的な工法と適正な価格、信頼できる業者に出会えます。ここでは相見積で大切なことをお話ししましょう。

相見積りは、金額ではなく、工事の明細が大切。

使用する材料。材料のメーカーや単価、特徴、品質。工事の方法や範囲などの記載項目を確認して欲しいのです。受け取ったら1項目ずつ確認する位の気持ちが大切。

そうすることで各社の工法による価格の違いが見えてきたり、優劣が分かったり、材料の質や違いが見えてきたり、同じ材料でも価格が違うことも分かったりします。

・なぜ? この材料を使うの。

・なぜ?この工期なの?

・なぜ、この価格なの?

相見積もりで比較することで見えてくる部分があれば納得いくまで質問しましょう。

特に工法は、しっかり説明を受けてください。なぜこの工法なのか・・・なぜこの屋根材なのか、この個数の根拠はとか・・・内容が分からなければ納得するまで質問すれば良いのです。

遠慮などする必要はありません。

そうしていると面白いもので記載されている工法と金額のバランスが分かってきます。この過程で説明を面倒がるような業者はやめた方が良いかもしれません。まともな商談ができない業者は外しても良いと思います。

 

屋根リフォームの成功は、人対人!あなたと業者との信頼関係がなければ成功しません

つまり、業者の選び方で大切なのは、よく相談乗ってくれて、いろいろお客側の立場になって考えてくれたり、あれこれ面倒なことを相談しても、嫌がらず考えてくれたりする業者です。

特に質を落とさず、他の安価な材料を提案してくれたり、施工については経験上のアドバイスをしてくれたり、何かと親身になってくれるリフォーム会社を探しましょう。

 

その反対、悪質な業者は、材料を変更したり、面倒なことを嫌います

利益の出る材料を変えられたくなかったりします。工期を短くして職人の日当を減らすことで見た目の金額を落されかねません。手抜き工事の温床です。

何はともあれ「 見積もり金額が高く、材料の質も悪い」なんてことに、ならないように気を付けてください。

 

急ぐ必要はありません!

しっかり答えてくれて、納得できるようになってから決めればよいのです。

屋根リフォーム工事

 

 

外壁リフォーム/相見積もりの取り方

インターネットを使えば外壁リフォームを行う業者は、これでもか!と言うほど見つかります。注意すべきは情報の信頼性。

 業者探しは、信用ある専用リフォームサイトを活用!

・リフォーム業者を個別ではなく(一社では競争が働かない)
・複数のリフォーム業者が集まる紹介サイトへの依頼がベスト
・登録に審査があるなど優良会社が多く登録しているサイト!!

複数のリフォーム会社に一度で依頼できるサイトを使ってください。リフォーム業者を1社ずつ調べる必要がないため、時間の節約にもなります。しかも・・・

そういうサイトに登録してる業者は以下の前提で見積もりしてくれます!

  • 相見積りを取られる!前提
  • 他社と競争になる!前提
  • 競争が分かっているから真剣(ボロ儲けできるような見積もりを出ない
  • 競争がないと材料、価格、期間の両方でボラれかねません。

注意するべきは、サイトの登録基準。

登録されているリフォーム会社が一定の基準をクリアした会社のみ登録しているサイトは信頼性が高いといえますよね。

私がオススメするのは以下のサイトです。

外壁リフォームの優良な業者が集結。しかも見積もり無料で、プランや見積書を提案してもらえます。面倒がなくて手軽。相見積もりに最適だと思います。

 

▼安心できるサイト運営も評価ポイントです。

 

  • 屋根のリフォーム・修繕・修理は、完成後を見ないで契約し、お金を払わねばなりません!しっかり比較して良心的で経験豊富、信頼できる業者を選びましょう
  • 屋根のリフォーム・修繕・修理は、予算に応じた提案力としっかりした職人の技術にお金を支払うものです。けして安さだけを優先しないでください!
  • 工事の経験などを聞き、提案力のある業者を選びましょう。品物を売ることばかり、価格ばかりでないか見極めましょう。

 

基準が明確で良質なサイトから相見積もりを依頼し、良い業者と出会うことが大切。屋根のリフォームで成功する近道であるということです。あなたの屋根のリフォームや修理・修繕が成功することを祈っています!

安くて良心的な、良い業者に出会えますよう応援しています!

タイトルとURLをコピーしました