平屋の注文住宅を建築家に依頼したいあなたにおススメの方法

平屋を建築家に注文する方法 新築ノウハウ

1階のみで住まいを完成させる平屋は、階段の昇降がないことや部屋が広く感じることなどで最近人気があります。注文住宅で平屋を建築家に依頼したい場合には、まず充分な広さの土地があることが必要です。首都圏に近い都市部などでは、隣地との関係などもあり、平屋を建設しにくい環境となっていますが、地方では可能性が高くなります。
平屋の設計や建設についての実績や経験が豊富な建築家を探し、依頼をすることがポイントです。建築家が土地を見て、2階のない住宅が建設可能だと判断した場合には、依頼するようにすると安心できます。
建設可能な場合には、いくつか気をつけることが発生します。1階のみの住宅の場合には、2階建ての家からの視線が気になるようになります。したがって窓の位置や高さなどに注意をして、建築家に依頼します。
道路等の外からの視線に関しては、目隠しを設置するなどして、家の中が見えない工夫をします。目隠しフェンスにも様々なものがありますので、家の造りとマッチしたものを選びます。また植栽を植えて、樹木の美しさによって外からの視線を遮ることも良い方法です。落葉樹の場合には、季節によって葉がなくなり、家の中が丸見えになる可能性もありますので、一年中葉が茂っている樹木を植えることも大切です。
1階建ての家では、明るい家にすることも大切なポイントになります。1階のみの住宅の場合には、2階建ての家の2階で過ごすことよりも太陽の光が入りにくいため、暗く感じることがあります。この辺りを理解し、明るい家に建設してもらうことを希望します。実績や経験の豊富な建築のプロは、住まいを明るくするための知識や技術を理解しています。したがって住む人達の希望をきちんと説明することが必要です。
家の明るさは、内装に使う資材の色や種類によって違いが生じてきます。暗い色調の壁紙よりも、白を基調としたものを使用すると、光を反射しやすくなり明るくなります。フローリングの色なども、落ち着いた色よりも、明るくなるような色を選ぶことがポイントです。カーテンやソファ等の家具も、家が明るくなるような色合いのものを選ぶと、平屋でも明るい雰囲気で快適に過ごせるようになります。
窓の大きさや位置、数などは後から修正することは難しいことです。したがって最初に建築家とよく相談をして、注文住宅らしく希望をとりいれた住まいができるよう、打ち合わせをよくすることもポイントになります。

 

何故平屋が人気なのか
老後の住まいを想定したバリアフリー住宅
平成25年度発表の総務省のデータによると、平屋住宅の着工棟数は全体の9.3%となっており、数年前と比較すると確実にシェアを拡大しています。
拡大している要因としては、定年退職後の夫婦2人の老後の住まいを想定したバリアフリー住宅として平屋を建てる方が増えていることが挙げられます。平屋の商品を多く取り揃えているハウスメーカーも多く、デザインの多様化、コストの削減により若い方からも人気があります。

平屋住宅良くある質問

防犯対策が重要って本当ですか?
回答本当です。全ての生活が1階で完結する平屋住宅の特性上、開口部が大きく数も多い傾向があります。
そのため、外部からの侵入が比較的容易で、プライバシーの確保がしにくい面もあります。
そこで、防犯対策グッズの活用(防犯ブザー、防犯フィルムなど)、視線を遮る工夫(ブラインド、外構など)を取り入れた家づくりを心掛けましょう。

日当たりが悪いって本当ですか?
回答本当です。平屋住宅は、平面に広い形状になりがちなため、周辺環境によっては日が差し込みにくい場合があります。
そこで、天窓を設ける、中庭をつくるなどの、家の中まで自然光が差し込むような間取りを工夫しましょう。

広い土地が必要って本当ですか?
回答本当です。LDKや水回り、寝室などがワンフロアでまとまっているため、ある程度の土地の広さが必要となります。
地域やライフスタイルによっては、建てられる場合もあるので、住宅会社に相談してみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました