平屋の注文住宅を依頼したい!あなたにおススメの方法

平屋建て 平屋建て注文住宅

1階のみで住まいを完成させる平屋は、階段の昇降がないことや、部屋が広く感じることなどで高齢化社会という意味もあって最近人気があるプランになっています。

平屋を建てる

注文住宅で平屋を依頼したい場合には、まず充分な広さの土地があることが必要です。

リビング、ダイニングやキッチン、風呂場などの水回り、寝室などをワンフロアでまとめる必要があるため、ある程度の土地の広さが必要となるからです。

都市部などでは、敷地が狭い場合や、隣地との関係などもあり、平屋を建設しにくい環境となっていることが多く、その意味では地方での可能性が高いといえるでしょう。

地域や、あなたが考えるライフスタイルによっては、難しい場合もあるので住宅会社に相談してみましょう。

何故?今、平屋が人気なのでしょう?!

それは何といっても高齢化社会の影響と言わざるを得ません!

老後を快適に過ごすために住まいをバリアフリー化するなど、平成25年度発表の総務省のデータによると、平屋住宅の着工棟数は全体の9.3%となっており、全体の一割を占めるまでになってきました。今後も年々、確実にシェアを拡大していくことが予想されています。

拡大の要因は、少子高齢化。

子供たちが結婚し独立後、同居を選ばない場合に夫婦2人の老後の住まいとしてバリアフリー住宅を考えて平屋を建てる方が増えているのです。

この逆のパターンとして両親の土地を利用した二世帯住宅も脚光を浴びつつあります。相続税の大幅な緩和や、子供たちの面倒などのメリットがあるからでしょう。

考え方は、それぞれですので今後も二極化は続いていくでしょう。

平屋建て

平屋住宅を建てる!ノウハウ

最近は、平屋住宅の商品を多く取り揃えているハウスメーカーも多く、デザインの多様化には目を見張るものがあります。またコストの削減といった面でも選択の幅は大きくなってきています。

平屋住宅でのライフスタイルを充実させ、成功させるためには設計や建設方法について実績や経験が豊富な建築会社やハウスメーカー、或いは建築家に依頼することが大きなポイントになります。

建築を進めるには、住宅会社や建築家に土地を見てもらい平屋が建設可能だと判断した場合に依頼するようにすると安心できます。

何故なら建設可能な場合には、いくつか気をつけたい点があるからです。

特に都心部などでの平屋住宅の場合には、隣家など、2階建ての家からの視線が気にならない工夫として窓の位置や高さなどに注意するなど平屋住宅、独特なノウハウが必要になります。

平屋住宅は、平面に広がる形になるため周辺環境によっては日が差し込みにくい場合があります。そこで、天窓を設ける、中庭をつくるなどの、家の中まで自然光が差し込むような間取りの工夫が必要になってきます。

その他、視線に関しては道路等の外からの視線に関しても目隠しを工夫するなどして家の中を見えないようにするノウハウが求められます。

目隠しフェンスにも様々なものがありますので家の造りとマッチしたものを選びましょう。また植栽を植えて、樹木の美しさによって外からの視線を遮ることも良い方法です。

落葉樹の場合には、季節によって葉がなくなり、家の中が丸見えになる可能性もありますので、一年中葉が茂っている樹木を植えるなど考えなければなりません。

平屋建てのポイント

平屋建ての家で最も大切なポイントは、明るい家にできるか否かです。

どうしても平屋建ての住宅の場合には二階建てよりも太陽の光が入りにくいため、対策をしなければ一階では暗く感じてしまいがちです。

家の中を外や隣家から中を見えづらくしつつも、太陽を受け入れられるような明るい家に建設するには豊富な経験やノウハウを有する会社や建築家に依頼することが近道です。

難しそうですが、でも大丈夫!

平屋住宅の選びかたこのような平屋建ての実績や経験が豊富な建築のプロは、住まいを明るくするための知識や技術を理解しています。したがって住む人達の希望をきちんと実現することができるはずです。

家の明るさは、内装に使う資材の色や種類によっても違いが生じてきます。暗い色調の壁紙よりも、白を基調としたものを使用すると、光を反射しやすくなり明るくなります。

フローリングの色なども、落ち着いた色よりも、明るくなるような色を選ぶことがポイントです。カーテンやソファ等の家具も、家が明るくなるような色合いのものを選ぶと、平屋でも明るい雰囲気で快適に過ごせるようになります。

窓の大きさや位置、数などは後から修正することは難しいことです。したがって最初に豊富な経験と実績を持つ建築会社や建築家とよく相談をして希望をとりいれた住まいができるよう、打ち合わせをよくすることが何よりも大切なポイントになります。

平屋建ては、デザインや意匠に加えて防犯対策も重要です。
全ての生活が1階で完結する平屋住宅の特性上、一階に開口部を多く設けたり、大きさや数も多くなる傾向があります。

そのため、外部からの侵入が容易になったり、プライバシーの確保がしにくい面もあります。

つまりは、快適な生活を維持するために防犯対策にも力を入れる必要があるのです。それはグッズの活用(防犯フィルムなど)、視線を遮る工夫(ブラインド、外構など)のほか防犯会社などとも契約も視野に入れる必要があるかもしれません。

平屋建て

平屋建てを成功させる一番簡単なこと

平屋建てで快適なライフスタイルを実現するには、単に住宅を建てれば良いというものではなく独自のノウハウや経験が必要なことはお分かりになられましたね。

ではここからが実践編です。

平屋建てを成功させるには経験豊富な建設業者やハウスメーカー、設計事務所などの力を利用するのが近道であることも理解いただいていますね。

ただし気を付けて欲しいのは・・・

だからと言って手ごろな建築会社を一軒、一軒あたったり住宅展示場で見た会社に頼む必要はありません。

一番必要なのは、比較できることです!

比較するためには、多くの情報を得ることが大切です。しかも、それは平屋建てを建築した実績がある会社や設計士でなければなりません。

そう考えると比較って実は簡単ではありません。

でもそれを解決する方法があります。このような平屋建てに対して実績を持つ会社が集まったサイトを利用しない手はありません。しかも優良な会社が集まっています。


まずは、こちらから登録することで複数の会社から名乗りを上げてくることでしょう。いただける情報。プランやノウハウ。そして予算。これらをできるだけ多く集めることです。

分からなこと、知りたいことはどんどん質問して吸収してください。

この中から誠実な対応をする業者や、予算に会った会社、プランが要会社とふるいにかけていけばよいというワケ!しかも、このようなサイトからの資料請求なら比較される前提なので採取から真剣勝負!他社に負けたくないと良い条件が出る可能性が高いはずです。

そのような前提なのでお断りするのも楽です。

気に行った会社をランク付けして集めた予算をたたき台にして値切っていくことだって可能です。何度も申し上げますが平屋建ては、簡単そうで簡単ではありません。

業者のノウハウを利用しない手はありません!そのためには、ここで紹介したような方法が最も友好的だと思う訳なんです!


あなたにとっての平屋建てで理想的なライフスタイルを獲得することを祈っていますね!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました