二世帯住宅の家づくりで外せないほど大切なこと

二世帯住宅の家づくり 新築ノウハウ

マンションを買うつもりでしたけど二世帯住宅を選ぶ人が増えている!

最近の都心回帰の流行りと、住宅ローン金利の低さに引かれ都心部のマンションを希望してはみたものの・・・販売価格が高騰し、二の足を踏まれている方も多いと聞きます。

もし、ご両親が持ち家なら、その土地を使って二世帯住宅に建て替えませんか?ローンは建物だけで済み、経済的な負担が軽くなるだけではなく、子供の面倒をお願いできたり、最終的には相続税でも有利になるなど色々なメリットがあります。

二世帯住宅を建てよう!

ご両親の傍に住んであげることができるなら、二世帯住宅は、あなたのライフスタイルを一変させる可能性があります。

経済的な負担が軽減される

 

家づくりの中で二世帯住宅は、最もノウハウが必要です。異なる近しい二つの世帯が一つ屋根の下に住むのです!

 

二世帯住宅はただ単に一つの建物に2つの世代の家族が住むのではなく、それぞれの家族が快適に過ごせるような家づくりをしなくてはなりません。二世帯住宅においては同居共用型と部分共用型、完全分離型の3つの間取りがあります。
同居共用型は玄関とお風呂などの水周りは共用し、部屋などプライベートな部分だけを分けたタイプです。昔は同居共用型が多かったのですが、近年ではほとんど見かけません。これはプライベートを大切にするという考え方が親世代にも広がっていること、さらには住宅事情によって昔ほど広く廊下などを作ることができず、部屋だけではプライベートを保つことができないことが理由としてあげられます。
部分共用型は内階段で世帯を分ける方法と、外階段で分ける方法とがあります。内階段は玄関は一つですが、外階段では玄関は2つとなります。外階段型の方がプライバシーが保たれますが、部分共用型でも中に入ると自由に行き来できるようになっていることが多いです。この方法であると同居共用型に比べてある程度のプライバシーが保たれ程よく距離感を保つことができるので、生活のリズムも乱されることはありません。何かあった時に子供をすぐに親に預けることができるなどのメリットも存在します。もしキッチンなどを共用するのに抵抗があるならば子世帯が住む空間にも設けることができますが、その分費用も掛かるのでどの程度共用とするのかを明確に決めておく必要があります。
完全分離型はアパートのような感覚の間取りであり、玄関もさらに家の中の設備もすべて別になります。二世帯住宅の中では最もプライバシーが保たれており、お互いの生活のリズムを知ることもありません。ただし設備はすべて2軒分となるので建築コストも2倍以上となります。
二世帯住宅は経済面と生活面、精神面においてメリットが生まれますが、反面建築コストがかかる、光熱費が高い、プライバシーの確保ができない、生活リズムが違うとストレスに感じたりトラブルになったりする、来客を招きにくくなるなどのことがデメリットとしてあげられます。中には郵便物がみられる、インテリアの好みが違う、必要以上に相手に気を遣ってしまうなどのことも生じてしまい、二世帯での生活が苦痛になることもあります。このようなトラブルがおこらないようにするには家づくりを計画している段階からしっかりと話し合うことが大切であり、できるだけ生活リズムが保たれる間取りにしなくてはなりません。共用スペースはできるだけ少なくするとストレスも軽減されることが多いです。

 

無料で複数社に一括でお問合せが出来るので、複数の注文住宅会社に個別に依頼する手間暇もかかりません。そのため、お仕事や家事、子育ての合間に家づくりを進めることが出来ます。

あなたに合った会社を選べます!
一度に複数社から間取り・資金計画の提案を受けることで、住宅展示場や見学会に行く前に各注文住宅会社の情報収集をし、比較・検討することが出来ます。

理想のライフスタイル実現!
各注文住宅会社にあなたが思い描く理想の住まいを詳細に伝えることで、プロの視点からご要望に沿ったご提案を受けることが出来ます。

 

忙しい中、複数の会社と打ち合わせの時間を作ったのに、同じことの繰り返しで話は進まず…
手間と時間がかかり、家づくりの喜び以上に疲れを感じることに!

良く考えずに会社を決めてしまったため、最終的に一から会社を選び直すハメになり…
予定時期がずれて、増税のあおりを受けてしまうことに!

注文住宅は建てられたけど、理想の間取りに合う土地が見つからず妥協してしまった…
暮らしづらく、日々不満が募り後悔することに!

二世帯住宅が人気の理由
二世帯でクラス3つのメリット

世帯間での助け合い
家事や育児、ちょっとした外出時などにサポートしあえるほか、お互いの健康状態を常に把握できるため、万が一の時に安心です。
孫の成長を間近で見られるのも、人気の理由のひとつです。

嬉しい金銭面
土地が1つで済むため、少ない資金で家が建てられるケースが多いです。その分の費用を建物にあてて、より間取りや構造にこだわった住まいを手に入れることもできます。また、ある程度生活スペースを共有するため、水道光熱費も削減できます。

相続税対策
2015年1月に税制が改正されたことで、今まで対象ではなかった人も相続税を支払わなければならない可能性がでてきました。 二世帯住宅は相続時において非常に大きな経済的メリットがあり、注目度が高まっていま
平成27年1月に相続税の税率構造が変わり、これまで相続財産が基礎控除額の範囲内で税金のかからなかった方も、課税の対象になる可能性があります。
相続税は、相続財産総額から基礎控除額を引いて課税対象額を求め、相続人ごとに一定の税率をかけて相続税の総額を求める仕組みになっています。ちなみに、相続財産の内訳の中で「土地」の占める割合は大きく、土地の評価額が相続税に大きく関わっていることが分かります。実は親と同居して二世帯住宅を建てることで、土地の評価額を80%減額することができます。例えば土地の評価額が5,000万円なら1,000万円まで減額することができます。つまり、二世帯住宅を建てることで自宅土地の相続税評価額は大幅に下がり、相続税が減額される可能性があるのです。

二世帯住宅で気を付けたいこと
プライバシーの確保ができるのか不安です…

回答共有の生活スペースが多いため、プライバシーの確保は非常に重要です。
どのスペースを共有するかを建築前にきちんと話し合うことや、普段の生活においてお互いが快適に過ごせるようなルール作りをすることで、世帯間でプライバシーを尊重しあう素敵な暮らしが実現します。
価値観の違いや気遣いでストレスを感じないか不安です…

回答これまでの自身のライフスタイルや価値観を変えるのは難しいことです。
お互いにとって適切な距離感とルール作りさえしっかりとできていれば、ストレスのない生活を送ることができます。じっくりと時間をかけて話し合いましょう。
収納スペースが足りるかどうか不安です…

回答二世帯で暮らしていると、あっという間にモノが増えて収納スペースが足りなくなることがあります。
世帯間で収納スペースに偏りがないよう、建築前から意識して間取りを考えましょう。共有スペースの収納は特に広く場所を確保しておきましょう。

ライフスタイルに合わせて選ぶ3つのカタチ
■完全同居型
寝室などのプライベート空間以外は全て世帯間で共有するため建築費が抑えられるほか、日常的に世帯間でサポートしあうことができます。生活リズムのずれによる生活音やプライバシーの確保に関して、十分な対策をしましょう。

完全同居型

■部分共有型
暮らし方や希望に合わせて、いくつかの生活スペースを共有部分とします。お互いの希望を尊重しあうことで希望の間取りに近付けることができますが、じっくりとした話し合いが不可欠です。「完全同居型」と「完全分離型」の中間といえます。

部分共有型

■完全分離型
建物は一つですが、あらゆる生活空間が二つに分かれています。プライバシーを尊重でき、お互いの暮らし方やライフスタイルを守ることができます。しかし、全て二つずつ設備を整えるためコストがかかることと、その分大きな土地が必要になることは把握しておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました