二世帯住宅の家づくりで外せないほど大切なこと

二世帯住宅の家づくり

今、二世帯住宅を選ぶ人が増えている!

最近流行りの都心回帰の波と住宅ローン金利の低さに引かれ都心部のマンションを希望してはみたものの・・・販売価格が高騰し、二の足を踏まれている方も多いと聞きます。

もし、ご両親が持ち家なら、その土地を使って二世帯住宅に建て替えませんか?ローンは建物だけで済み、経済的な負担が軽くなるだけではなく、子供の面倒をお願いできたり、最終的には相続税でも有利になるなど色々なメリットがあります。

二世帯住宅を建てよう!

ご両親が住む一戸建てを見直しませんか?!もし、ご両親の傍に住んであげることができるなら、二世帯住宅は、あなたのライフスタイルを一変させる可能性があります。

何より世帯間での助け合いができること!
家事や育児、外出時など、互いにサポートしあえるほか、健康状態など万が一の時にも安心です。
両親にとっては、孫が身近にいてその成長を見守ることができるのも嬉しいといいます。

良いところ!

  • 土地は既にあるため、負担するのは建物の建築費だけ!経済的に軽減されます。
  • ご両親とローンを分けることで負担感が更に減る可能性があります。
  • ご両親の傍にいることでご両親への体調などの不安が緩和されます。
  • 無機質なマンションよりも、子供の情操教育には一戸建てが良いという意見もあります。
  • マンションには管理費などのローン以外に必要な経費があります。一戸建てなら不要です。
  • Wワークされる場合など、お子様の面倒などをお願いできます。
  • 子供や孫と暮らせることでご両親がお喜びにになられます。
  • 将来の相続税が大幅に緩和されます

不安なところ!

  • 子供を甘やかすのではないか
  • プライバシーの問題。夫婦の生活や普段の生活、来客など干渉を受けるのではないか
  • 近所づきあいなどが面倒なのではないか

メリット、デメリットを考え出すとそれぞれの立場や環境で色々思い当たることがあるとは思います。でも何を選ぶにしても100%メリットというのはありません。

経済面、安心面、将来色々な方向から考えてみましょう。私は上に書いた通り、メリットの方が多いと思います。何より子供たちへの安心感というメリットと避けては通れない経済的な負担。

迷う必要はないと思います!二世帯住宅に賛成派です。ただ、こちらが一方的に望んでもご両親が望まれないケースもあります(笑)。夫婦で良く考え、ご両親にご相談してより良い方向性を見つけられると良いですね。

二世帯住宅

相続税対策

さて、二世帯住宅のメリットの一つ!相続時において逃げられない相続税について!非常に大きな経済的メリットがあります。ご両親が土地と家屋を持っておられるなら注目すべきことと、注目が高まっていまっています。

相続税は、相続財産総額から基礎控除額を引いて課税の元となる対象額を定めて相続人ごとに一定の税率をかけて相続税の総額を求める仕組みになっています。

ちなみに、これら相続財産の内訳の内訳として一番多く占めるのは多く場合「不動産(土地、家屋)」です。つまり、不動産評価額こそが相続税に大きく影響するといえるのです。

ここで注目!

実は、親と同居して二世帯住宅を建てることで!土地の評価額をナント!80%も減額することができ二世帯住宅の家づくりるのです。税額を決める最も大きな不動産価格を8割引きもしてもらえるというわけ

例えば土地の評価額が5,000万円なら1,000万円まで減額することができます。当然、相続税を大きく下げる効果があるということになります。

つまり、二世帯住宅を建てることで自宅土地の相続税評価額を大幅に下げることができ、将来の相続税を大きく減額させることができるのです。

いやー!こりゃ二世帯住宅だろうと思われたあなた!

結論を出される前に参考にしてほしいのが家づくり!実は、二世帯住宅の家づくりって普通の住宅に比べて最もノウハウが必要と言っても過言ではないのです。

その辺りを次で徹底解説します!

二世帯住宅

二世帯住宅で失敗した!って思わないために

二世帯住宅で一番の問題は、今更ですが異なる二つの世帯が一つ屋根の下に住むということ!昔は同居なんて普通でしたが今は時代が違います。

二世帯住宅の家づくりについて、建築のテクニカルな面以外に検討しなければならないのは精神的、情緒的、感情的な面からの検討です。二世帯住宅にはメリットがあるからと盲目的に建築すると後で後悔しかねません。

二世帯住宅は、単に一つの建物に2つの世代の家族が住むのではなく、それぞれの家族が快適に過ごせるような家づくりをしなくてはなりません。

二世帯住宅は一般的に「同居共用型」「部分共用型」「完全分離型」といったの3つのパターンで考えることができます。これって要は、相互の家族の距離感をどう保つかの問題ですね。

同居共用型とは、昔の一般的な同居タイプだと思っていただければ理解は早いはず。玄関とお風呂などの水周りは共用し、部屋などプライベートな部分だけを分けたタイプです。簡単に言うと両親の家に一緒に住むイメージです。昔は多く見られましたが近年では、あまり見かけません。

これはプライベートを大切にしたい。という考え方が親世代にも広がっていること、さらには都市近郊とはいえ、住宅事情によって昔ほど広く間取りを取ることができずプライベートを保つことができないことが理由としてあげられます。

良い二世帯住宅

部分共用型は、内階段で世帯を分ける方法と、外階段で分ける方法とがあります。この場合、内階段は玄関は一つですが、外階段では玄関は2つとなります。

もちろん外階段型の方がプライバシーが保たれますが、内階段でも扉を設けるなどしてプライバシーに配慮することも可能です。

この方法なら、同居共用型に比べてプライバシーが保たれるため、程よく距離感を保つことができるので生活のリズムも乱されることは少ないのかもしれません。

この方法ではどこまでを強要するか、例えばキッチンなどを共用するのに抵抗があるならばそれぞれの空間にも別個に設けることもできますが、その分費用も掛かるのでどの程度共用とするのかを明確に決めておく必要があります。

何かあった時に子供をすぐに親に預けることができるなどのメリットも存在します。

完全分離型は、アパートのような感覚の間取りであり、玄関もさらに家の中の設備もすべて別になります。二世帯住宅の中では最もプライバシーが保たれており、お互いの生活のリズムを知ることもありません。ただし設備はすべて2軒分となるので建築コストも2倍以上となります。

二世帯住宅は経済面と生活面、精神面においてメリットが生まれますが、反面建築コストがかかる、光熱費が高い、プライバシーの確保ができない、生活リズムが違うとストレスに感じたりトラブルになったりする。来客を招きにくくなるなどのことがデメリットとしてあげられます。

中には郵便物がみられる、インテリアの好みが違う、必要以上に相手に気を遣ってしまうなどのことも生じてしまい、二世帯での生活が苦痛になることもあります。

このようなトラブルがおこらないようにするには家づくりを計画している段階からしっかりと話し合うことが大切であり、できるだけ生活リズムが保たれる間取りにしなくてはなりません。当たり前ですが共用スペースを少なくしていくとストレスも軽減されるということになります。
 
二世帯住宅の家づくり
 

完全同居型
日本の昔からある形態。いわゆる同居!寝室などのプライベート空間以外は、全て世帯間で共有する。建築費が抑えられるほか、日常的に世帯間でサポートできるなら建築コスト的には無駄がなく、有利な方法と言えるでしょう。ただしお互いが生活のリズムやプライバシーの確保について話し合い、ルールを設けるなど十分な対策が必要です。
 
部分共有型
「完全同居型」と「完全分離型」の中間です。それぞれが妥協点を見つけることと、理想とする暮らしに合わせて、それぞれの生活スペースを共有とします。お互いを思いやり、尊重しあうことで良い間取りに近付けていくことが必要です。何より、じっくりとした話し合いが不可欠な方法です。
 
完全分離型
最も精神的に楽な方法です。建物は一つですが、すべての生活空間を二つに分けて建築します。当然プライバシーを尊重でき、お互いの暮らしや、ライフスタイルを守ることができる最も割り切った考え方の住宅です。ただし、全てにおいて二つの設備を設けるため2倍のコストが必要です。

まずは、お互いの家族の精神的なこと。それからコスト的なことを合わせて結論を出す必要があります。いうなれば、どこまで割り切れるのか・・・

我慢することなく、お互いの世帯が理想とする生活スタイルを維持できるか・・・ということ
それは、つまり二世帯住宅が上手くいく、行かないは、何といっても「プライバシーの確保」につきます!!

共有となる生活スペースができるため、プライバシーの確保は非常に重要です。
どのスペースを共有するかを建築前にきちんと話し合ってお互いに普段の生活において快適に過ごせるようなルール作りが上手くいく秘訣です。

ルールを作ることで世帯間のプライバシーを尊重しあえる素敵な暮らしが実現できるはずです。

これまで暮らしてきた自分たちのライフスタイルや、価値観をお互いに変えるのは難しいことだと思います。適当に相手に合わせていれば良いなどというイージーな考えでいると失敗の元。最初は我慢出来たり、呑み込めても長い生活の中、不満の元になります。

事前に、しっかり話し合うことで適切な距離感を持てるようなルール作りをしておけば気持ちの持っていきどころがあるので、多少でもストレスを感じないで生活を送ることができるようになるものです。また、ルールは家族みんなで作らないと意味がありません。

二世帯住宅

いずれの方法を選んでもお互いを想いやる気持ちを持って、より良いスタイルを見つけたいものですね。口で言うのは簡単ですが・・・ってことで、簡単でもルールを作ってお互いの世帯で守りあうことが必要。

二世帯ライフの良い部分を見て、前向きで充実したものにしましょう。

簡単確実に建築業者の経験とアドバイスを得る方法

さあ!ここでは理想の二世帯を建築するために重要なアドバイスをさせて頂きます

二世帯住宅は、ここまでにも書いた通り、ライフスタイル別に大きく3種類のプランが考えられます。どれも一長一短がありますが、具体的には経験豊富な建築業者、つまりプロの意見を聞くことをおススメします。

これまでの建築例や、経験によるアドバイスは非常に参考になります。どうすれば理想の二世帯というスタイルを築けるか!それはつまり、どのようにして良い業者を選べば良いのかということ!

例えば二世帯で暮らしていると、世帯が二つある訳でお互いのモノが増えて収納スペースが足りなくなるなんていうこともあります。

それぞれ世帯間で収納スペースに偏りがないか建築する前から意識して考えることが必要です。特に共有スペースでの収納は、もめがちなので広めに場所を確保するなどのノウハウの必要です。

これには、経験豊かな業者さんの知恵を借りるのが一番早くて確実です。

そのために最も簡単で確実で効果的な方法をご紹介します。

それは以下のような一括で比較できるサイトを活用することです。この方法なら無料で複数の会社に二世帯住宅に関する資料請求や、問い合せが出来るので、住宅会社に個別に依頼や説明する手間暇もかかりません。そのため、お仕事や家事、子育ての合間に家づくりを進めることが出来ます。

しかも、登録されている会社は、いずれも二世帯住宅に関する経験豊富な会社です。そんな中からあなたに合った会社を比較して選ぶことができます!

一度に、理想的な間取例や、見積もり例、資金計画の提案まで受けることができ、それらを複数の会社から情報収集して、比較・検討することが出来ることが一番の利点です。

  1. 二世帯住宅に経験豊富な業者が集まっている
  2. 優良な業者が集まっている
  3. 多くの業者から資料や情報を無料で得ることができる
  4. 色々な情報を短期間で得て知識が豊富になる
  5. 多くの中から比較検討できる
  6. このサイトからなら比較前提なので選ばれるために最初から真剣
  7. このサイトからなら比較前提なので断るのも楽

この中で「比較検討」できることこそが、住宅づくりで一番大切なこと!多くの会社から情報を得てあなたにとっての一番をゲットしてください!


この比較サイトで理想の二世帯ライフを実現してください!
各住宅会社にあなたが思い描く理想の二世帯住宅に関する考えや要望、希望を伝えることで、プロの視点から要望に沿った提案を受けることが出来るという訳です。

くれぐれも良く考えずに会社を決めてしまったため、最終的に一から会社を選び直すハメになるなんてことが無いように最初は、間口を広く取って、次第に絞っていく方法をお試しください!

あなたの家族とご両親が理想的な二世帯住宅で新しく快適なライフスタイルを気付かれることを祈っています!

二世帯住宅の家づくり

 

タイトルとURLをコピーしました